景品と予算

結婚式の二次会や会社の忘年会・新年会といった宴会で幹事になると、景品を用意しておく必要がある場合があります。
二次会などは会場費に次いでこの景品にさかれる予算が多いことがほとんどで、会の盛り上がりにも大きく影響するので、失敗は許されないと言えます。

最初にすべきことは、景品にどの程度の予算がかけられるのかを明確にするということです。
たとえば、二次会の参加者が男女合わせて100人ほどの場合、男性は8000円、女性は6000円ほどの会費を設定するのが一般的です。
この場合は会費をすべて合わせると70万円ほどの予算となるので、そのなかでやりくりをすることになります。
飲食代がひとりあたり5000円程度と設定すると、全員あわせて50万円ということになります。
それを引いたものから、さらに諸経費などを除外すると、景品に使用できるのは15万円程度ということになるでしょう。

景品にかけられる予算がはっきりしたら、景品をどれくらい用意するか考えます。
目玉となる高額の景品をメインにするのか、できるだけたくさんの人に景品が行き渡るように比較的安い価格帯のものをたくさん用意するのかを決めましょう。
よくあるパターンなのが、ゲストの人数の3分の1ほどの景品を用意するという方法です。
いずれにしても、全体のバランスをみて決めるようにしましょう。
つづいては、景品選びのコツや購入方法などについて、紹介するので景品選びの参考にしてみてください。



▽特選外部リンク
二次会景品に目録やプレートなども用意できる通販ページです =≫ 二次会景品 目録

Copyright © 2014 知っておきたい!景品選びのポイント All Rights Reserved.